株式会社レパスト  >  レパストのこだわり  >  美味しいメディカルメニュー
レパストのこだわり
関連企業
アール食品
 
宿泊施設
樅ノ木莊
 
関連事業
わがん
ストーク
プチグルメ
 
用語集
医療関連サービスマークとは

医療関連サービスマーク

医療関連サービスマークは、【(財)医療関連サービス振興会】により、振興会が定めた認定基準に適合したと認定した医療関連サービス事業者をへ発行するマークです。

(財)医療関連サービス振興会について

医療法において、医療関連サービスのうち医師等の診療等に著しい影響を与える業務として、「検体検査」、「医療用具の滅菌・消毒」、「患者等への食事の提供」、「患者搬送」、「医療機器の保守点検」、「医療ガス供給設備の保守点検」、「寝具類の洗濯」、「施設の清掃」の8つの業務を政令で定め、これらの業務を委託する際の基準を設け、医療関連サービスの質の確保及び事業者の健全育成に努めているところである。
また、医療関連サービスの健全な発展に関する事業を行うことを目的として設立された【(財)医療関連サービス振興会】においては、民間の自主的な取組みとして医療関連サービスマーク制度を設け、これらの業務の評価認定事業を行っている。
出展: 厚生労働省

全国厚生関係部局長会議資料(健康政策局)医療法改正について

 
 

美味しいメディカルメニュー

レパストでは、調理師による専門食の勉強会や管理栄養士による独自のメニューの開発など【美味しく学ぶ】を実践しております。また、生活習慣病の予防にも積極的に取り組んでおります。

専門職が実施する調理講習


経験豊かな調理師の指導のもと、若手調理師・栄養士を対象に調理実習を行っています。

 

フランス料理・和食・寿司などそれぞれの調理師が得意分野を教えます。見て美しく、食べて美味しく、しかも簡単に調理できるようにアレンジしてあります。
参加者からは毎回好評で事業所献立に取り入れて活用されています。

講習風景 メニュー
講習風景
 

継続的な勉強会の実施

point 管理栄養士・栄養士研修会 point
管理栄養士・栄養士は、継続的な勉強会を行っています。
目的は主に1~3で常に新しい情報を社内で交換できるように、また、受託先のニーズにあった対応がで
きるようにと努めています。

point1 病態への理解を深めるために、外部講師による臨床栄養の勉強
point2 病院や福祉施設で活用できる様な独自メニューの開発
      ・献立作成(栄養基準に基づいて一般食から治療食への展開)
      ・調理実習(仕上がった料理の検証と調理技術の向上)
point3 他事業所との情報交換や交流の場

メニュー開発
 

point 事業所研修会 point
医療関連サービスの一環として、質の高い食事サービスを目的とした研修会です。
本社から各事業所に指導助言者が定期的に巡回し、全従業員対象に各テーマで教育を行っています。

研修会風景 研修会風景

point1 安全管理について
point2 食中毒と感染症の予防
point3 患者給食の特殊性など

研修会風景
 

管理栄養士による独自メニューの開発

独自メニューの研究・開発はメディカル部門だけではなく、各受託先企業様などにご提供する献立にも活用
されています。 レパストでは管理栄養士による独自メニューの開発も活発に行っております。

独自メニュー開発中! 楽しそうです
メニュー開発 メニュー開発 メニュー開発
 

レパストの生活習慣病への取り組み

レパストでは月1回「生活習慣病対象者」の方々へ健康になっていただけることを目標に【栄養教室】を行っ
ています。教室では1食600kcal未満のお食事を味わっていただきながら栄養の話をしています。
>>> 600kcalメニューのご提案

春のメニュー 秋のメニュー バイキング
春の献立 秋の献立 バイキング(年1回)